ふかふか落ち葉の“はなじょろ道”を歩く高松山ハイキング

紅葉深まり、ふかふか落ち葉が気持ちいい山歩き。
あしがらエリアには、初心者から楽しめる
四季の移ろいを感じるハイキングコースがさまざまあります。

松田町の寄地区から、はなじょろ道を通り
高松山を目指してハイキングコースを歩きました!

地元の方に守られる“はなじょろ道”と高松山

<スタート>富士急湘南バス「田代向」:小田急小田急線「新松田駅」/JR御殿場線「松田駅」から約20分
<ゴール>富士急湘南バス「田代向」
■コース距離 :約10km
■歩行時間  :約4時間30分(休憩含まず)
■難易度   :一般向け
■参考:松田町HPhttps://town.matsuda.kanagawa.jp/site/kankou-sub/hanajoro.html

「虫沢古道を守る会」が古道を復活

「虫沢古道を守る会」がハイキングコースのいたるところに、道標やヤマビル除けの塩を設置してくれています

茶畑が広がる里山の風景残る松田町寄(やどりき)地区で、
古道の復活やハイキングコースの美化活動などを続けている「虫沢古道を守る会」。
高松山へのコースで通る“はなじょろ道”は、
明治末期まで虫沢地区と山北町の八丁地区を結んだ生活道で、花嫁さんが通る道としても利用されていたそうです。
時代と共にいつしか廃道になってしまっていたこの古道を、地域住民などで成る「虫沢古道を守る会」が2010年に復活させました。
現在も、ハイカーが歩きやすいよう整備をしていただいています。

歩きやすく整備された杉林では、紅葉した木々の姿もありました(2021.11.17撮影)

ハイキングコースの随所で動物たちのチェンソーアートが出迎えてくれ、かわいい姿に元気をもらえます

絶景広がる高松山山頂

はなじょろ道入口から、杉林や尾根、落ち葉広がる広葉樹林を歩くこと約100分。
ススキを周囲に、パッと眺望ひらけた山頂に着きました!
雄大な富士山に箱根連山や丹沢山塊、さらには足柄平野に続く相模湾も望めます。

高松山は標高801m。雄大な富士山が美しい!

山頂から尺里峠へは「男坂」と「女坂」がありますが、すぐに合流できます

尺里峠(第六天)はスタンプラリーのチェックポイント

スタンプはポストの中に設置しています

絶景を眺めながらのんびり山頂でお弁当を食べたら、
第六天古道を通って尺里峠へ。
ちなみにこちらは、松田町で行っているハイキングスタンプラリーのチェックポイントでもあります。
松田町の「おいしい」が味わえるクーポンや、手ぬぐいや缶バッジをプレゼントしておりますので、ぜひ参加してみてください。

お嫁さんが彫られた手作りスタンプがかわいい

こちらのハイキングコースはよく整備されていて歩きやすいだけでなく、
秋の紅葉や春はミツマタやしだれ桜など、
四季折々の自然をたっぷり約4時間30分の歩行時間で満喫できます。

帰りのバスを待つ間は、寄七つ星ドッグラン&カフェ
松田町寄清流マス釣り場に立ち寄るのもおススメです。

「虫沢古道を守る会」の活動を応援しよう!

今回はヤマビルに遭遇せずに済みましたが、
4~11月頃、気温25度前後の高温多湿な雨上がりなどに活発に活動するそうです。

ハイキングコースの道中には「虫沢古道を守る会」がハイカーのために、
ヤマビル除けの塩が随所に設置されていました。
ハイキングコースの整備だけでなく、細かな心配りまで!
会の皆さんに感謝でいっぱいの山歩きでした。

寄七つ星ドッグラン&カフェ店内では、「虫沢古道を守る会」が販売する缶バッチを取り扱っています

【関連リンク】松田町HP ハイキング情報

関連記事

  1. あしがら生まれの「春めき」が見ごろです

  2. 11月20日(土)から「松田きらきらフェスタ」開催!

  3. 緑いっぱい!21世紀の森で子供と一緒に木工体験

  4. 足柄平野を一望!【松田 きらきらフェスタ】が12/25(日)まで開催中

  5. レトロなおもちゃに大人が夢中!?郷土資料館で夏期特別展

  6. 天高く草花彩る♪松田山ハーブガーデンとコキアの里