ストレスフリーな養豚とは!? 足柄平野を望む農場「こぶた畑」を訪ねました

地元食材などを使った『あしがらのごほうび弁当』プロジェクトで、
南足柄市にある Bean’s Village(ビーンズビレッジ)さんが作る『豚うま弁当』
農場「こぶた畑」さんのお肉を使ったハンバーグが主役のお弁当で、
豚肉特有の臭みがないため、素材の味を存分に楽しめるようあえてシンプルな味付けにしているそうです。

農場主の相原海さんが貫く“ストレスフリー”な地場&自給の生育環境に一目を置き、
Bean’s Villageさんは、オープン当初からこちらの豚肉を取り入れています。

“ストレスフリー”な生育環境とは、一体どのようなものなのでしょうか。
美味しさの秘密を探しに、同じ市内にある養豚場を訪ねました。

南足柄の丘の上、穏やかな時間が流れる養豚場

心地よい風が吹き抜ける養豚場では、放牧された母豚がのんびり泥浴びをしていました

南足柄の小高い丘の上、もとはミカン農園だったという足柄平野を見下ろす眺めの良い空間にあります。
相原海さん(43歳)が2002年に開墾し、翌年、研修先だった栃木県の養豚場から譲り受けた4頭からスタート。

現在、3頭の母豚も含めて48頭の豚たちが、
剪定枝のチップやもみ殻が敷かれたフカフカの発酵床の上で過ごしています。

生まれたばかりの赤ちゃん豚は母豚と一緒の空間で、甘えた声を出しながらおっぱいに吸い付いつき、
成長した豚たちは月齢ごとに区画に分けて。柵が低く開放的で、豚が逃げてしまわないのかと思うほど。

鼻を上手につかって土を掘り返したり、初対面の私たちにも愛嬌を振りまいてくれたり、表情も穏やか。
時々、ジョジョ~っと元気に排尿もしますが、不思議なことに全くにおいも気になりません。

母豚に甘える子豚たち。剪定チップやもみ殻を敷いた発酵床も気持ちよさそう

 

相原さんが目指す【地域循環型養豚】とは

農場「こぶた畑」代表の相原海さん。日本や海外の養豚における飼育環境の基準や傾向など、具体的な数字を交えながら教えてくださいました

相原さんによると、日本の一般的な養豚産業は
小規模な家族経営だとしても、ふん尿を処理する浄化槽設備などの初期投資が必要で、
少なくとも1500頭もの養豚を飼育しなければ安定した経営が難しいそうです。

「養豚をやりたい」という想いがあっても、こういった環境では
一頭一頭に愛情をかけて世話をする理想との差があったり、
新規開業するにはリスクも大きかったりと、後継者不足にもつながってしまいます。

一方、「こぶた畑」では地域との関係を密にした小規模での養豚を行うことで、
養豚たちをストレスフリーな環境で飼育できるだけでなく、
必要な経費やエネルギーを最小限に、環境負荷も抑えることができるそうです。

例えば、
〇ふん尿の処理…
一般的な豚房よりも約4倍の広さが必要になるものの
発酵床で落とされた排泄物が微生物によって分解されるため、良質な堆肥としても役立てることができます。

〇飼料…
地元酒造店の酒粕や国産小麦のうどんくず、パンの耳やかまぼこなど
地域のお店屋さんで譲り受けた食品残さを、栄養価を高めて保存が効くよう発酵飼料に。
昨今特に高騰している輸入飼料に頼ることなく、生産現場での環境負荷や輸送にかかるエネルギーなども抑えることができます。

〇販売方法…
売れ残りのリスクを避けるため、地元あしがらエリアの家庭を中心に定期購入制で販売。(週1回、隔週宅配)
1頭の豚から取れる肉のすべてを余らせずに売り切るため、部位はお任せ。ブロック肉での販売。

飼料もお肉も、堆肥も。どれも顔の見える範囲の地元で循環され、
まさに地域の中で豚が巡る【地域循環型養豚】が出来上がっています。

養豚場入口には、発酵床から作られた堆肥が販売されています

近年、食品ロスについて問題視されていますが
「目の前にある食品だけでなく、
生産過程におけるトータルの環境コストについても目を向けてほしい」と相原さん。

地元で生産された「食」が、その地の風土と結びついて地元で消費されること。
『あしがらのごほうび弁当』も、取り入れられた地元食材や味わいを通じて
この地の魅力を感じてもらえたらと、改めて思う取材となりました。

農場こぶた畑
南足柄市苅野347
https://www.facebook.com/kobutabatake/

関連記事

  1. CAFE 絲へんに由(いとへんにゆい)【BLTサンド】

  2. なかい里都まちCAFE【里都まち♡フロート マンゴー&みかん】

  3. あしがり郷 瀬戸屋敷 café hacco(カフェハッコ)【あしがら豆花 ドリンク付き】

  4. 大雄山 最乗寺【奥の院へ続く石段の先にある景色】

  5. 創作和食 宙~SORA~【鶏釜めし】

  6. 酔芙蓉農道で9/23(金・祝)から「酔芙蓉まつり」開催【見頃は9月中旬~下旬ごろ】