華やかに、あしがら雛めぐり!今年は一部エリアで開催

あしがらエリアにある、南足柄市・大井町・松田町・開成町の1市3町では
例年この季節になると、「あしがら雛めぐり」と題して地元の協力とともに新旧個性豊かなひな飾りが展示されます。
今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、残念ながら大井町・開成町は中止となってしまいましたが、
感染予防対策を講じながら開催中の
南足柄市「雛の館・森のひなまつり」と、松田町「まつだ桜まつり雛のつるし飾り」をご紹介します!
※新型コロナウイルス感染症拡大状況などにより、開催期間並びに開催時間が変更される場合があります

雛の館・森のひなまつり~伝統と革新 雛の競艶~

特別協力「後藤人形」の節句人形工芸士・後藤由香子さんが手がけた作品を多数展示

県内トップクラスの展示数を誇るひな飾りが所狭しと並ぶ南足柄市「雛の館・森のひなまつり」。
毎年、江戸・明治・大正・昭和のお雛さまや和紙人形、豆雛、土雛人形などに、
館内の廊下には桃のつるし飾りで彩られ、華やかな空間になります。

今年は開館30周年記念冬期特別展として、“ゴシック&ロリータ”で話題となった
岐阜県にある節句人形の製造卸問屋「後藤人形」から、現代創作雛を特別展示。
写真の「織部」という作品は、2008年に岐阜市とイタリア・フィレンツエ市の友好30周年を記念して、
世界遺産のヴェッキオ宮殿に展示されたお雛様。
優しい表情に、緑をコンセプトにした衣裳や前飾り、屏風が物語の世界のようでとっても幻想的!

このほかにも、SNSなどで話題となった「ゴスロリ雛人形」や「森のウェディング」などあり、
後藤由香子さんの世界観であふれています。

江戸時代のひな人形から、和紙雛人形や変わり雛なども

このほか、郷土資料館収蔵のひな人形を館内全体に展示。
時代の変遷や関東・関西エリアで異なるひな人形の顔立ちなど、解説を見ながら鑑賞すると、より一層楽しめますよ。

足柄らしい、金太郎をモチーフにした和紙人形

開催期間 2月14日(月)~3月31日(木)
※休館日3月7日(月)・14日(月)・22(火)・23(水)・28(月)
開館時間 9:00~16:30(最終入館 16:00)
入館料 大人300円(中学生以下無料・障がい者本人のみ割引あり)

とっておき!スポット紹介

【南足柄市郷土資料館】
南足柄市広町1544(足柄森林公園 丸太の森内)
https://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/kurashi/manabi/bunka/kyoudo/

まつだ桜まつり 雛のつるし飾り

天井からつるされた豪華なつるし飾りに、雛段飾りを展示(今年は感染症対策のため、館内への立ち入りはできません)

桜まつり開催中の西平畑公園内、子どもの館を会場に毎年行われている「雛のつるし飾り」。
例年、地元の方々の手作りの雛のつるし飾り約7000個に、西湘地域最大級・約5m(約600個)のつるし飾りが展示されます。
今年は、感染症対策のため規模を縮小。感染症対策のため、外からの鑑賞となります。

菜の花は見ごろ、河津桜の開花はこれから

ちなみに、寒さの影響で河津桜の開花が遅れ開催期間が
2月11日(金・祝)~3月21日(月・祝)に変更となった「まつだ桜まつり」。
見ごろはもう少し後の様子で、満開に咲く桜が待ち遠しいっ!

2022年2月13日撮影。つぼみをいっぱいに膨らませて、開花の準備をしています

まつだ桜まつり 雛のつるし飾り
開催期間 2月11日(金・祝)~3月21日(月・祝)
時間 9:30~15:30
入館料 無料
※桜まつり会場への入園料が必要です。大人(18歳以上)300円、(6歳以上18歳未満)100円
障害者手帳の交付を受けている方、無料
※桜まつり期間中、園内「ふるさと鉄道」は毎日運行しています(有料)

とっておき!スポット紹介

【西平畑公園・松田山ハーブガーデン】
松田町松田惣領2951(西平畑公園内)
https://nisihira-park.org/

関連記事

  1. 11月20日(土)から「松田きらきらフェスタ」開催!

  2. この冬行きたい!「松田 きらきらフェスタ」の見どころ

  3. 難攻不落の山城、河村城跡は見晴らしの良い絶景スポット

  4. トロピカルな“幻の果実”!フェイジョアの収穫期です

  5. 景色も堪能!親子で丹沢湖のSUPに挑戦

  6. 今が見頃! 華やかに咲く“ざる菊”眺めて、あしがら散歩