早咲き桜・河津桜が咲き誇る西平畑公園(松田山ハーブガーデン)のふもとにあります
昔ながらの麹造りに始まり、ふねによる上槽まで全量手造りにこだわっています
11代目・鍵和田亮(あきら)さん。大学時代に発見した松田山の河津桜酵母で春季限定酒も開発
季節ごとに人気酒があり、春季限定「河津桜酵母仕込み 特別純米 亮ver.若水」もチェックして

中沢酒造

“こびず、おごらず”素直な酒造りに取り組む「中沢酒造」は、文政8年(1825年)創業。
代表銘柄「松美酉(まつみどり)」の名称は、小田原藩の御用商人として城主の大久保家から授けられたそうです。その意味は松田周辺の景勝からで、「松」は蔵の横を流れる酒匂川沿いの松並木、「美」は松田町の美しい風景とこの美酒を。そして「酉」は酒壷の形を表しています。
約200年もの歴史がある家業を継承する11代目・鍵和田亮さんは、代々受け継がれてきた全量手造りの製法を守りながら、酵母からこだわる新たな日本酒造りを行っています。

 

中沢酒造

純米酒「松みどり」/720ml・ 1219円(税別)

いちおし日本酒

代表銘柄の「松美酉(まつみどり)」から、食中酒として定番の純米酒は、優しい飲み口と穏やかな広がりで、幅広い料理に相性よく“コクとキレ”を兼ね備えています。
このほか、低温で長期間発酵をさせた大吟醸原酒や、爽やかな辛口の特別本醸造をはじめ、季節限定酒も各種用意しています。

純米吟醸「S.tokyo」は、明治時代に発見されたものの一度も日本酒造りに使われなかった“幻の酵母”を、11代目が自ら試行錯誤のすえに醸した逸品。
マスカットのような爽やかな甘味を追うように、酸味が広がり、後口すっきり。原酒でありながら低アルコール(14%)なので、口当たりまろやかに日本酒本来の味わいを堪能できます。

中沢酒造

純米吟醸「 S .tokyo」/720ml・1870円(税別)


・「me-byo valley “BIOTOPIA”(未病バレー ビオトピア)」(大井町)
   ※「イチおし!日本酒」の取り扱いについては、各店舗に問い合わせを

基本データ

スポット名 中沢酒造
所在地 〒258-0003 神奈川県足柄上郡松田町松田惣領1875
TEL 0465-82-0024
FAX 0465-83-5332
ホームページ https://www.matsumidori.jp/
駐車場 普通車/10台
大型車/1台
ペット同伴 不可

営業時間

直売店営業時間 9:00~16:00
定休日 不定休
蔵見学 2021年5月以降再開予定。詳細はHPや電話で確認を
酒粕販売 12月~4月

アクセス

・東名高速道路「大井松田IC」より約15分
公共交通機関 ・JR御殿場線「松田駅」徒歩約3分
・小田急小田原線「新松田駅」徒歩約5分

※掲載情報は2020 年11 月現在
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、営業時間等が変更になる場合があります。お出かけの際は、事前に各所ホームページもしくは電話にてご確認されることをおすすめいたします。